えーと、あのー、この原稿は、まあ、明日までに、うーん、提出できそうです。

フィラーワードが多いです!

 

フィラーワードとは、「あのー」「えーと」などの言い淀みのことです。

フィラーワードが多いと、発言の内容がわかりにくく、自信がない印象を与えてしまいます。

 

日本語と英語のフィラーワードを一覧でご紹介します。
また、フィラーワードを減らすための2つの方法もご提案します。

 

フィラーワードとは:言い淀み

フィラーワードとは言い淀みのこと

 

フィラーワードとは、「あのー」「えー」のような言い淀みのことです。

fillerという単語には、「満たす」という意味があります。
会話の間を満たすために使われる言葉をフィラーワードといいます。

フィラーワードは、その言葉自体は意味を持ちません。

例文で確認してみましょう。

 

【例文:フィラーワード】

あのー、本日は、お集まりいただきましてありがとうございます。

えー、司会を務めさせていただきます〇〇と申します。

 

赤字の「あのー」「えー」がフィラーワードです。
言葉自体に意味がないのが分かります。

 

「ケバ取り」という形式の文字起こしでは、会話のフィラーワードは「ケバ」として削除されます。

フィラーワードは、多用すると、自信のない印象を抱かれたり、説得力に欠ける印象を抱かれたりします。

 

「落ち着いて、間をとる」などの工夫で、フィラーワードはできるだけ減らしましょう。

 

フィラーワード一覧

フィラーワード一覧

 

フィラーワードには、どのような言葉がありますか。

「うーん」「えーと」などですかね。

 

フィラーワードは、会話の間を埋める言葉です。
特に意味をもたない言葉です。

 

日本語のフィラーワードと、英語のフィラーワードを一覧でご紹介します。

 

日本語

フィラーワード日本語一覧

 

日本語のフィラーワードを一覧で確認してみましょう。

 

【日本語フィラーワード一覧】

えーと
あー でー まあ
あーっと おー なんか まあね
あの こう なんていうか まあまあ
あのー この もう
あれ じゃ ねー わあ
いやー じゃあ わっ
うー その はー んー
うーんと そのー ふーん んっと
ちょっと ほら

 

思っていたより、たくさんあります。

 

英語

フィラーワード英語一覧

 

英語にもフィラーワードはあります。

言葉がすぐに出てこないときなどに「Uh」「Ummmm」などと言うことがあります。

 

英語のフィラーワードを一覧で確認してみましょう。

 

【英語フィラーワード一覧】

あー、えー、うーん なんか、あの いや、ていうか えーと
Uh

Ummmm

Well

You know what

Like

I mean Let me see

 

 

フィラーワードが多い人の印象

フィラーワードが多い人の印象

 

「あの」「なんか」と、フィラーワードが多い人は、発言に自信がない印象を与えてしまいます。

フィラーワードを連発していると、発言の内容が分かりにくくなります。
また、文字起こしした場合に、ケバ取り(フィラー除去)をしなければなりません。

 

【フィラーワードが多いデメリット】

  • 発言の内容が分かりにくい
  • 説得力が出ない
  • 自信がない印象を与える
  • 文字起こしのときにケバ取りが必要

 

フィラーワードを減らす2つの方法

フィラーワードを減らす2つの方法

 

フィラーワードを減らすためには、次の方法があります。

 

【フィラーワードを減らす方法】

  1. 沈黙を活用する。
  2. スピーチなどは事前準備を入念にする。

 

まず「沈黙」を恐れずに活用しましょう。

 

5秒程度の沈黙であれば、聞き手にとっては何の問題もありません。

ほんの数秒、沈黙することは、話を盛り上げたり、印象付けたりする効果も期待できます。

話す前に一呼吸置いてみるとよいでしょう。

 

また、スピーチなど、人前で話すと分かっている場合には、事前準備を入念にしましょう。

 

話す内容を決め、原稿を暗記するぐらいになっていれば安心です。

基本的に、考えるスピードが話すスピードより速ければ、フィラーワードは出ません。

 

また、普段から自分にフィラーワードの口癖がないか確認しておくのも有効です。
もし、普段から無意識に発している言葉があれば、スピーチなどの緊張する場面でも同じ言葉を発してしまいがちです。
普段の口癖から見直してみましょう。

 

「ケバ取り」ではフィラーワードを除去する

フィラー除去:ケバ取り

文字起こしの仕様で、「ケバ取り」が指定されている場合には、フィラーワードは除去します。

フィラーワードを除去することで、話の内容が分かりやすくなります。

 

例文で確認してみましょう。

 

【フィラーワードが多い話し方】

えーと、あのー、リーダーは、リーダーらしく、まあ、話さなければなりません。

【フィラーワードがない話し方】

リーダーはリーダーらしく話さなければなりません。

 

フィラーワードを除去したほうが、発言の内容が分かりやすくなります。

 

ただし、「逐語起こし(素起こし)」が指定されている場合には、フィラーワードも全て文字に起こします。

言語学の研究や、法務文書では、逐語起こしが指定されることがあります。
その場合には、フィラーワードも含めて発言を全て正確に文字にします。

 

ケバ取りについて解説した記事があります。こちらもご覧ください。↓

「ケバ取り」とは?6種類の不要語を削除する!文字起こしのやり方

 

フィラーワードを意識してみよう

フィラーワードは、「あのー」「えーと」など、意味を持たない言葉のことです。

沈黙を埋めるため、無意識に発してしまうことが多い言葉です。

フィラーワードが多すぎると、自信がない印象を与えたり、発言の説得力が欠けたりすることがあります。
できるだけ、フィラーワードは減らすように心がけましょう。

フィラーワードをなくし、沈黙を活用すれば、スピーチなどを自信に満ちた印象深いものにできます。
発言の内容も、よりスムーズに伝わるようになるでしょう。